忍者ブログ

プロペシア・ジェネリック

プロペシアのジェネリックであるフィンペシアなどの男性型脱毛症治療薬を激安個人輸入代行通販



ジェネリック医薬品をお医者さんが使いたがらないワケ

お医者さんの中でジェネリック医薬品を積極的に使いたいと考えている推進派は約3割、使いたくないという抵抗派は1割5分、あとの5割強は「患者さんから言われれば処方しますよ」というノンポリ派です。

抵抗派の言い分はこうです。「ゾロ品のことでしょ?ジェネリックって」と。かつて先発薬の特許が切れると、ゾロゾロとたくさんの後発薬がつくられた時代がありました。そこからきた言葉がゾロです。

たしかに、かつてはごく少ない例ではあるものの、品質が劣る薬が一部で見られましたが、それはもう昔の話。1980年を境にジェネリック医薬品は厳重な試験を経て製造・販売されています。にもかかわらず、昔のイメージのままジェネリック医薬品を否定的にとらえるお医者さんもいるのです。ちなみにゾロという言葉は今では「死後」の仲間入りをしています。

そこで、お医者さんには、「薬はジェネリックでお願いします」ということを、しっかりと伝えることが大切です。

中には「価格が安いから」という理由で使わない病院も存在します。病院としては、公に決められた薬の価格と、実際に購入する際の価格の差は大きいほどもうけ(薬価差益)が出ます。

現在、その薬価差益の平均は約7%というところ。例えば1錠100円なら7円のもうけになるのですが、50円なら3円50銭と半分になってしまいます。病院や診療所の経営を考えると、価格の安いジェネリックはちょっとね、という本音も聞こえそうです。


フィナロ

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア・ジェネリック --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-